初心者がScalaを無料または有料で学習できるWebサービスまとめ

スポンサーリンク

エンジニアの使用言語中、平均年収が1位という金のなる木Scalaですが、初心者がScalaを学習できるサイトやWebサービスにはどんなものがあるのでしょうか?

今回は無料から有料まで、学習者に合わせたものを紹介していきます!

無料・有料、どちらで学習するべき?

無料にしろ有料にしろそれぞれ向いている人と向いていない人がいます。

まず、無料で学習すべき人は、以下のような条件に当てはまる人です。

Scalaを無料で勉強すべき人
  • Javaの経験者
  • プログラミング歴が長い
  • 使用目的はただの趣味
  • 時間を持て余している

要するに既に素養がある人ガチじゃない人ってことですね。

当たり前のことなんですが、無料で学習するのは有料で学習するのに比べて不親切です。

有料サービスの多くに何故金がかかるのかといえば、ほとんどが人件費をまかなうためです。
お金を払えばメンターが付くので、それだけ詳しく丁寧に学習することが可能です。

メンターが付かない有料サービスは無料サービスと変わらないですね。

というわけで、有料で学習すべき人は、以下のような条件に当てはまる人。

Scalaを有料で勉強すべき人
  • プログラミング初心者
  • Scalaを仕事で使えるようになりたい
  • 就活などで時間がない
  • そもそも独習がめんどくさい

有料の場合は仕事にしたいプログラミング初心者時間や手間をかけたくない人ってところでしょうか。

あとはもう自分で勉強するとサボっちゃうからお金を使ってはしごを外したいとか、もうめんどくさいから教えてくれ!っていう条件なんてどうでもいいタイプも有料でしょう!笑

さて、以上踏まえておすすめを紹介していきます!

無料でScalaを学習できるサイトやWebサービス

無料と書いてはいますが、最低限参考書は持っておいてもいいと思います、

ちなみに参考書って意外と馬鹿にならない値段だったりもするので、意地でも完全無料で学習してやるっていうのも…選択肢としてないこともないのかな?笑

自分次第です。

Scala School!

初心者にはおすすめできませんが、経験者ならScala School!は参考書代わりに使えるかもしれません。

元々は英語のサイトなので、ところどころ不思議な日本語もあります。

それでも絶対に金はかけない!
という人には苦労する価値がある。

ドットインストール

プログラミング学習者ならよく知るドットインストール。

ProgateがScala対応していない中、無料勢唯一の良心。
親切なUIでとても学習しやすいです。

ただし!
ドットインストールは途中から有料会員にならないと全36レッスンを完了することはできません。

Scalaの場合は最初の5レッスンだけ無料なので、本当に触りだけですね。
初心者がScalaでのプログラミングの空気を感じてみたいという時に使うべきかもしれません。

ちなみに有料会員になったとしても月額980円なので、参考書を買うよりいいかも。

有料でScalaを学習できるサイトやWebサービス

そもそもScalaに対応しているサイトやWebサービスは、無料にしろ有料にしろ少ないです。

Scalaエンジニア圧倒的に不足しているはずで、平均年収1位なのに、いまいち就活生やエンジニアの心を動かせていないのかあんまり浸透していませんね。

そもそもScalaエンジニア少なすぎて、教えられる人もほとんどいないんですけどね!

そんな中わざわざ学習しようとしている人だったら、みんなガチなんじゃないかなあと想像してみます。

まあこの世の中、金さえ払えば大抵のことは充実するので、有料で学習してやると決意した人は自己投資だと考えましょう。
有料サービスはさすがに良いものが揃ってます。

TechAcademy

有料サービスの筆頭Tech Academyです。

高い金払うだけあってサービスはこれ以上ないレベルで充実しています。
パーソナルメンター制度はもちろんのこと、他のサービスにはない転職サポートまであります。

受講料は10万円超えととんでもない額ではあるんですが、分割払いOKで条件次第では10万円という受講料の大部分をキャッシュバックする制度もあります。

Scalaを仕事で使いたいという人は、TechAcademy以外に選択肢はないのではないでしょうか。

Udemy

Udemyはちょっと変わっています。
知識のメルカリみたいなもので、誰でも講師になってコースを売ることができるのです。

売っている人の中には現役エンジニアなど有名な人がいたり。
そうしたコースの中から選んで学習することになります。

ちなみに紹介しておいてなんですが、Scalaのコースを日本語で販売している人はいませんでした。

よっぽど人材不足だなScalaエンジニア…

まとめ

無料か有料か
仕事にしたい初心者は有料、それ以外は無料でいいよ

もう身も蓋もないことを言うと、Scalaは日本に浸透してなすぎて無料サービスも有料サービスも充実していません!

なのに海外も国内もScalaエンジニアが平均年収1位です。

このページでも紹介しているとおり、これから間違いなく伸びてくる言語なのですが、やっぱり日本では教える人が少ないですもんね。
エンジニア増えないわけだ。

Scalaを学習し、あわよくば年収爆上げした後は、Scalaエンジニアとして後継をどんどん育てていってほしいと思います。

Scalaを勉強して人生一発逆転狙おうぜ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク