プログラミング言語「Python」とは? Pythonを使ってできること

スポンサーリンク

プログラミング初心者には恐らく聞き慣れないであろうPythonという言語ですが、エンジニア界隈では今最も盛り上がっている言語の一つと言える実力を持っています。

今回はそんなPythonについて解説していきます!

Pythonとは?

読み方はパイソンです。
実はPythonが作られたのはプログラミング言語の中ではわりと古い方で、1991年になります。

この1991年という数字の何がすごいのかというと、有名な言語であるJavaよりも先に開発されていたということなんですよね。
Javaは1995年ですからね。

そんな長い歴史を持つPythonですが、初めから有名だったわけではないです。
恐らくPythonが日本で広く知られるようになったのは、ここ10年…いや5年くらいのことかもしれません。

その理由は後述することにしますが、今ではJavaやC言語といった有名な言語と肩を並べるくらいになり、Pythonエンジニアの国内平均年収は全言語中2位という数字を叩き出しました。

そのため、当ブログでも未経験者に学んでほしい言語として2位に選出しています!

それではPythonの言語としての特徴を紹介していきましょう。

ちなみにこの記事を執筆するにあたり、以下の資料を参考にしています。

読みやすく、書きやすい言語

Pythonの最も大きな特徴の一つとして、文法を単純化してコードの可読性を高めているというものがあります。

つまりごちゃごちゃ書く必要がないので、当然シンプルですっきりしていて書きやすいわけです。
そうなると当たり前ですがコード量も少なく読みやすいですよね。

プログラマー思いの言語と言えるでしょう。

初心者の方は追々覚えていくでいいと思いますが、突っ込んだことを書くと、オフサイドルールというものがあります。
普通なら括弧などで囲う必要があるものを字下げで表現できます。

def is_even(a):
  if a / 2.0 == a / 2:
    return True
  else:
    return False
(出典:オフサイドルール | Wikipedia)

書きやすく、読みやすいと言われているのは、このオフサイドルールに依るところが大きいかもしれません。

人によるかもしれませんけどね!

教えやすく、学びやすい言語

実際のコードを見て「嘘だろ…」と思った未経験者の方もいるかもしれませんが、それはまだ何の知識もないからです!

ちょっと勉強すれば、大したこと書いてるわけじゃないってすぐに分かります。

読みやすいし、書きやすいということは、必然的に初心者に優しいということです。
これが近年初心者を中心に普及している一因にもなっています。

そしてこうした可読性の高さから、教える側も教えやすいわけで、初心者が質問をすれば明快な答えが返ってきやすいので理解も早い。
教えやすく、学びやすい言語 とも言えそうですね。

Pythonでできること

基本的にプログラミング言語は、何でもできます。
JavaにできてPythonにできないことなんてほとんどないと思います。

じゃあわざわざ違う言語を覚えなくてもいいのでは?と思われるかもしれませんが、言語それぞれで得意なことが違うのです。

さて、先に今最も盛り上がっている言語の一つと表現しましたが、ここでその理由が分かります。

Pythonは、あれが得意なんです。

人工知能開発

最先端テクノロジー!
そう、人工知能(機械学習) 開発です!

もちろんPython以外の言語でも開発することは可能ですが、Pythonは先に述べたように読みやすく書きやすいものです。
シンプルで基本的に人が書いたコードでも読みやすい。

つまりやりたいことに集中できます。
そんなことがあって、Pythonでは人工知能(機械学習)に関する情報やライブラリなどが蓄積されており、人工知能開発における環境が整っているというわけです!

コミュニティも盛り上がっていますし、人工知能や機械学習をやりたければ、まずPythonを学習するべきだと思いますね。

ビッグデータの分析・解析

Pythonは数字の処理が得意なので、データ分析や解析といった分野も得意です!

こちらも最先端の分野ですよね。
現在世界中で需要が高まっている分野です。

データセットがあったりデータ生成が容易だったり、学習させテストし評価するのも得意らしいです。

クローリングするデータさえあれば、遊びで面白いデータ集められそうなので、僕もちょっと試してみたいなと考えていたりします。

Pythonを採用するサービスから見る将来性

まずはPythonを採用しているWebサービスの一例を見てみましょう!

Pythonを採用している企業やサービス
  • グノシー
  • Dropbox
  • Pinterest
  • Instagram

これは一例ですが、誰でも知ってそうな名前が並んでいますね。

それに人工知能(機械学習)やデータ分析・解析という分野は、これからますます伸びる分野でしょう。
そういう意味では、プログラミング言語中一番将来性のある言語だと思います。

特に日本ではPythonエンジニアの人材が不足しています
もちろんこれからPythonエンジニアが増えていくという前提で、国内のPython採用企業も増えていくことでしょう。

Pythonを学習すれば就職に繋げられる?

人材が不足しているということは、それだけ初心者にもチャンスがあるということです。

ただし!

何の努力もなくできるわけではありませんよ!

就職に繋げるためにはそれなりに努力が必要になります。
まったくの未経験OKという企業でも、入社後はやはり自分で勉強しなければいけないことも増えます。

確かに未経験者にとってゼロからプログラミングを勉強するのは大変かもしれませんが、今は無料にしろ有料にしろ、初心者が学習しやすい環境が整っています!

自分に合った方法を見つけてステップアップしていきましょう!

というわけで、Pythonを勉強して人生一発逆転狙おうぜ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク