初心者がC言語を無料または有料で学習できるWebサービスまとめ

スポンサーリンク

言わずと知れたプログラミング言語の代表格C言語です。

多少難易度の高い言語とはいえ、少し前までは初学者のほとんどがC言語から学習していたはずです。

そのためいまだにC言語から研修している企業も多いはず。
では、初心者がC言語を学習しようと思った時、どんなWebサービスを利用すればいいのでしょうか。

C言語は無料・有料、どちらで学習するべき?

個人的にはあまり独習するのをおすすめできないというのが本音です。

こちらのページでも紹介しているのですが、C言語にはポインタという概念があります。

僕自身、まったくの未経験から指導者をつけてC言語を学習していましたが、僕の能力のなさもあってポインタを理解するのに1週間以上もかかりました。

ちなみにポインタが使えないならC言語を使う意味が無いと言っても過言ではないので、ポインタだけは絶対に無視して通ることはできません。

なので、無料・有料、どちらで学習するのかは以下の条件で分けられると思っています。

C言語を無料で勉強すべき人
  • 既に他の言語の経験がある
  • 頭が良い選ばれし人
  • 時間と根気に溢れた人

このような人には有料サービスは必要ありません。
選ばれし人はまあ冗談です笑

一番重要なのは3つ目ですね。
時間と根気でなんとかしてやるという人は、試しに無料で学習を始めてみてもいいかもしれませんが、相当苦労するであろうことは念頭に置いて独習を進めてください。

本当に一切お金を使いたくなくて参考書も買いたくないという初心者は…あえてC言語から始める必要はないのではないかと思います笑

一方で有料で勉強すべき人はこんな人。

C言語を有料で勉強すべき人
  • 独習では挫折しそうな初心者
  • 仕事で使いたい人
  • 特にお金に困っていない人

どの程度お金を出すかは有料サービスによって違いますが、重要なのは指導者がついてくれるかどうかだと思います。
特にC言語では。

ポインタについて完全に理解できるかどうかが分かれ目だと思いますね。

無料でC言語を学習できるサイトやWebサービス

完全無料で勉強したいという人には飛ばして欲しいのですが、参考書くらい買ってもいいかなと思っている人には、何冊か読んでもいいかなと思う書籍を紹介しておきます。

まずはCの絵本から。
この絵本シリーズは絵を使って分かりやすく解説している入門書です。

理系の人にはもしかしたら物足りない構成なのかもしれませんが、全くの初心者で文系で…という人は絵の方が理解しやすいのではないでしょうか。

古い本で字がぎっしりの分厚い参考書もありますが、初心者にそんな鈍器叩きつけても…と思ってしまうので、やはり初めの一歩には平易な参考書を勧めておきたいです。

それでももっと本格的に勉強したい!という人には、独習シリーズがおすすめ。

研修時代は僕もこの参考書を片手に頑張っていました。
内容は難しいですが、しっかり地に足を付けて堅実に着実に勉強する根気があるのであれば、この本をかなり有効に使えるのではないかと思います。

苦しんで覚えるC言語

略して苦C
C言語の学習において苦Cの存在を紹介しないのはさすがにもぐり。

少しでもC言語を学習した人であれば恐らくほとんどの人が知っているに違いないサイトです。

ちなみにこのサイトは書籍化もされました。それくらい有名なサイトなんです。

実際、文章とソースコードが無骨に載っているだけですし、C言語そのものの難易度もあって楽に覚えることはできません。

苦しんで覚えることになりますが、それでも無料なのでお金をかけられない人は選択肢に入れるべきサイトです。

「C」入門講座 | paizaラーニング

paizaラーニングではC言語の基礎を学ぶことができます。
有料会員は月額880円かかりますが、C言語の入門編は完全無料

動画・テキスト・実際のコーディングを無料で利用することができ、非常に実践的な内容になっています。

ただし本当に基礎の基礎なので、これだけでC言語に求めているものができるようになるかというと微妙なところ。

人によっては物足りないかもしれません。

有料でC言語を学習できるサイトやWebサービス

さて、ここから先はガチで学習する人用です。
金さえ払えばどんな初心者でもスキルをモノにできる時代。

自分への投資を惜しまない人には、プログラミング言語というのは時流に沿ったものでもあるためかなり大きいリターンを期待できる分野です。

…と言ってもC言語は、有料サービスが少ないです。
有料サービスは就職斡旋などもしているのですが、恐らく連携している企業がC言語を求めていないからだと思います。

Udemy

Udemyはちょっと変わっています。
知識のメルカリみたいなもので、誰でも講師になってコースを売ることができるのです。

売っている人の中には現役エンジニアなど有名な人がいたり。
そうしたコースの中から選んで学習することになります。

C言語に関しては以下のようなものがありました。

TECH::EXPERT

探してみたのですが、C言語を有料で学べるサービスはUdemyくらいでした…。
なので、C言語はそもそも就職等に向いていない可能性があります。

勘違いしてほしくないのは、C言語で就職するのが無理なのではなく、就職するのが目的ならもっと適したプログラミング言語があるということです。

C言語ではないのですが、こちらのTECH::EXPERTは、そんな就職したい就活生がプログラミング言語を学んでIT企業への就職ができるサービスです。

就職成功率97%という実績はもちろん、就職できなければ全額返金という手厚いサポートが最大の魅力です。

たとえば就職先には以下のような大手IT企業が含まれています。

もちろん専属のトレーナーが付くので、完全な初心者でもまったく問題なく就活まで辿り着けます。

ただ、サポートできる企業は関東圏になってしまうので、関東圏以外で就職したい就活生には向いていないかもしれません。

関東圏在住でIT企業に入りたい方は、まず無料カウンセリングから受けてみるといいかもしれません。

おすすめです。

TechAcademy

有料サービスの筆頭Tech Academyです。

高い金払うだけあってサービスはこれ以上ないレベルで充実しています。
パーソナルメンター制度はもちろんのこと、他のサービスにはない転職サポートまであります。

なのでこちらもC言語ではありませんが、プログラミングを学習して転職したいという人向けになります。

受講料は10万円超えととんでもない額ではあるんですが、分割払いOKで条件次第では10万円という受講料の大部分をキャッシュバックする制度もあります。

転職を目的としている方はぜひ選択しに入れてほしい有料サービスです。

まとめ

無料で学習したい人は苦労するけれど選択肢はある。
有料で学習したい人はたぶんほとんど選択肢がない…。

以上、どうしてこうなった…。
調べてみたら意外と有料サービスがなくてびっくりしました。

今ってそれだけC言語の需要が減っているということなのでしょうか。

なんか中途半端な記事になってしまいましたが、就職目的の人や転職目的の人はC言語以外の言語を選んだ方が恐らく選択肢は多いので、そちらも検討してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク