初心者がRubyを無料または有料で学習できるWebサービスまとめ

スポンサーリンク

日本発のプログラミング言語Rubyです。

コミュニティも活発で分からないところがあったら日本語での解説を求められるので、プログラミング未経験の初心者でも比較的続けやすい言語です!

かと言って仕事に活かせないということもなく、Rubyを採用している企業やサービスも多い。
まさに文系の初心者が最初に学ぶ言語にぴったりと言えるでしょう!

Rubyは無料・有料、どちらで学習するべき?

Rubyは簡単…という声をそこかしこで聞くわけですが、果たして本当にそうでしょうか?

それは何をしたいかによります。

確かにC言語やJavaといった初心者に勧められる言語の中では、コーディングが明快で記述量も少なく学びやすいでしょう。

しかし、それはある程度まで。
本格的にWebサービスを始めたいという人や、将来的に独立を考える人にはそれ相応の努力が必要になることを覚悟しておいてください。

Rubyに限ったことではありませんけどね。

Rubyを無料で勉強すべき人
  • 就活でプログラミングを勉強しているとアピールしたい人
  • 趣味程度でいいという人
  • プログラミング的な思考を身につけたい人

こうした人には有料サービスは必要ありません。

ただし、何事もそうですが完全無料よりは、参考書などのために数千円出す余裕があった方がいいです。
完全無料の場合は、ネットを頼りにやるしかないですからね。

僕はそれで挫折した経験があるので、数千円…それが無理なら数百円でも出せる方がいいです。
一食我慢すれば出せる額なので、本当に始めようと思ったら検討してみてください。

Rubyを有料で勉強すべき人
  • 個人でWebサービスを作れるようになりたい人
  • 将来的に独立できるようになりたい人
  • 独学が苦手な人

数千円程度払ったところで投げ出してしまいそう…という人は、ちゃんと習い事として始めた方がいいかもしれません。

無料にしろ有料にしろ、ちゃんと継続することができればお金に換えられないものが手に入ります。
その辺りは自分のやる気やお財布と相談してみてください。

無料でRubyを学習できるサイトやWebサービス

まず、Rubyを学習する際にはRuby on Railsというフレームワークもセットで覚える必要があります。

正直、これからプログラミングを始める初心者が、このフレームワークを使わないのであればRubyである必要がないです笑
いずれフレームワークという概念も覚えなければいけないので、Rubyを学習するついでに覚えましょう。

独学する人が手元に置いておきたい参考書も紹介しておきます。


かなーり分厚いしでかい本ですが、Rubyを独学するならこれ一冊で十分。

こんな分厚い本だと挫折する未来しか見えないという人には、易しいものもあります。


Railsに関しては以下の本。


こちらはRailsに関してまとまっています。
ですが、とりあえず前者2冊のどちらかからで十分だと思います。

paizaラーニング「Ruby」入門講座

動画とテキストで学習し、動画の横で実際にコードを記述して試すことができるというサービスです。
Rubyはもちろん、Ruby on Railsに関するレッスンもあります。

Paizaにはスキルチェックというシステムがあり、出される問題をクリアすることでpaizaランクが上がっていきます。
このpaizaランクに応じて、企業からオファーが来たりします。

学習を進めていて、自分に実力がついてきたと感じた方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ただし、必ず就職が成功するのを保証するものではないので注意です。

また、すべてのレッスンが無料というわけではありません。
完全無料ではありませんが、月額880円で有料レッスンを受けられるので破格ではないでしょうか。

Progate

Progateもpaizaラーニングと同様、無料レッスンは最初の方だけになってしまいます。
また、やはりRubyだけではなくRuby on Railsのレッスンもあります。

スライド→実際にコーディングテストという手順で学習を進めていきます。

PaizaラーニングとProgate、どちらも学習しやすいと思います。

有料でRubyを学習できるサイトやWebサービス

ここからは先に述べたようにWebアプリケーションを作りたい人挫折したくない人向け。
未経験者や初心者でも、有料サービスを利用すれば誰だって仕事にすることができます

就活生はもちろん、転職を考えている人にもおすすめです。

学生の場合は学割が利くというサービスもあるので、仕事にしたい人には間違いなくおすすめで、いつか学習したいと思っている人も学生のうちに学習しておくといいかもしれません。

TechAcademy

有料サービスの筆頭Tech Academyです。

高い金払うだけあってサービスはこれ以上ないレベルで充実しています。
パーソナルメンター制度はもちろんのこと、他のサービスにはない転職サポートまであります。

受講料は10万円超えととんでもない額ではあるんですが、分割払いOKで条件次第では10万円という受講料の大部分をキャッシュバックする制度もあります。

特にWebアプリケーションを作りたいという人は、TechAcademyが有力な候補になります。

Udemy

Udemyはちょっと変わっています。

Udemyは一般人が講師になって知識を売り出しているサイト です。
なので、中には質の悪いコースなんかもあって、必ずしも適しているとは限らないのですが、売っている人の中には現役エンジニアなど有名な人がいたりします。

以下の講座が大人気のようですね。
Rubyだけではなく、様々な言語を含んだオールインワンパックのようです。

値段も良心的なので、初心者にはぴったりかもしれません。

まとめ

まとめ
基本的には無料サービスでOK
でもWebアプリケーション開発を本格的に始めたい人や挫折を避けたい人は、有料サービスを利用しよう!

自分に合ったサービスで学習しましょう!

Rubyを学習して人生一発逆転狙おうぜ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク