本気でプログラミングを勉強するなら講師をつけよう!

スポンサーリンク

趣味にしろ仕事にしろ一から本気でプログラミングを学ぼうと決めたら、講師をつけるのがおすすめです。

もちろん色々と選択肢はあるわけですが、なぜその中でも講師になるのでしょうか?
理由を説明していきましょう。

講師をつけるのが最適な理由

まず、プログラミングをどの程度できるようになりたいかが重要です。

ちょっとできればいいやと思っている方は、独学でも十分だと思います。
しかしプログラミングを使ってやりたいことがはっきりしている人は、必然的に求めるものの難易度が高くなってしまう傾向があります。

そうなると、やらなければいけないことは、最初は簡単でもどんどん難しくなっていくわけですよね。
すると、以下のようなことが起きてきます。

独学の時の問題点
  1. 難しい問題を解決できずに挫折しやすくなる
  2. 嫌な印象が残るためモチベーションが下がる
  3. そもそも一人では解決できない可能性もある

どんなに難しくても悩んで答えが見つかるならまだいいでしょう。
ですが、プログラミングは事によっては答えが見つけられない可能性だってあるわけです。

何が分からないのか分からない状態というのは、プログラミング初心者には非常によくある問題です。

なので、本気で勉強しようと思った時には、話を聞いてもらえる講師がいてくれた方が、時間的にもモチベーション的にも有用というわけですね。
仕事に使いたい人は、将来的には金銭的にもコスパがいい可能性があります。

TechAcademyがおすすめ

個人的なおすすめは、TechAcademyです。

どのコースを選んでも必ず現役のプログラマーが講師としてついてくれます。

そして一番おすすめな理由は豊富なコース。

初心者にとって一番の問題は、自分のやりたいことは何を勉強すればできるようになるのか分からないということではないでしょうか!

ご覧の通り、iPhoneアプリコースはじめてのプログラミングコースなど、対象者や目的別にコースが分かれているので、どんな人でも自分のやりたいことに的を絞って学習することができるわけです。
(※画像の期限はキャンペーンの期限です。実施中のキャンペーンについては公式サイトを確認して下さい。)

習い事にしてしまえば、挫折の可能性はぐっと低くなりますし、講師がつくので解決できない問題はほとんどなくなるはずです。

就活や転職を考えている人はサポートもあったり。
プログラミングを学びたいと思い始めた人は、まず手始めにここから手を付けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ
高レベルまでを求めるなら独学では困難が多いので、よっぽどお金に困っているとかでなければ、講師を付けた方がメリットは多い。

プログラミングを勉強して人生一発逆転狙おうぜ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク