プログラミング教育が小学校で必修化されるのは2020年…授業内容や準備しておくことは?

スポンサーリンク

2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されることになります。

歓迎する人が多くいる一方で、不安に思う方も多いのではないでしょうか。
(特に保護者のみなさま)

まったく手を付けたことがないのに子どもの話についていけるのか…などなど。
新しいことが始まるので不安も尽きないでしょうが、今回の記事を読んで少しでも「プログラミング教育」について理解してもらえればと思います。

なぜ「プログラミング教育」を導入するのか

今回の記事に関しては、以下の本と文部科学省により発表された「小学校プログラミング教育の手引」を参考資料としています。

こちらの本の序盤は小学校プログラミング教育の手引をまとめたような内容になっているので、気になる方は手引の方(読みにくいですが)を読んだ方がお金もかからないのでいいかもしれません。

さて、話戻ってどうしてプログラミング教育を導入するのか?ですが、文部科学省によって発表された「小学校プログラミング教育の手引」によると、以下のような記述があります。

プログラミング教育を導入する理由

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要なこととなっています。諸外国においても、初等教育の段階からプログラミング教育を導入する動きが見られます。

少々穿った見方かもしれませんが、早い話が外国に対抗するためというのが本音だと思います笑

もちろんコンピュータを理解することもプログラミングを扱えるようになることも狙いとしてはあるでしょう。
しかしそれ以上に日本はITの分野で諸外国に大幅な遅れをとっています。

その分野に身を置く人であれば、日本がすっかりIT後進国になってしまったことを理解しています。

インドの技術者が世界で活躍し始めているというニュースはもう何年も前のことです。
かつては日本だったイメージのある電化製品も、多くを中国や韓国といった企業に世界のシェアを取られています。

そうした危機感は業界だけでなく恐らく日本全体にあったはずで、ようやく文部科学省が重い腰を上げた形です。

「プログラミング教育」でやることになるであろう授業内容

では、プログラミング教育が実施されることになった場合、どんな授業内容になるのでしょうか?
先に紹介している「小学校プログラミング教育の手引き」から引用します。

最大の目的は「情報活用能力」に関する資質・能力を育成することです。
その資質・能力というのが、主に以下の二つ。

育成したい情報活用能力
  • プログラミング的思考
  • 身近な生活でコンピュータが活用されていることや問題の解決には必要な手順があることに気づくこと

そしてこのプログラミング教育で身につけた思考能力を各教科等に活かすことが大きな狙いです。

特に重要なのが「プログラミング的思考」を身につけることであり、あくまでもこの思考を身につけるための手段として「プログラミング」を利用していこうというのが「プログラミング教育」になります。

なので、授業内容も「プログラミング的思考を身につける」という内容になります。
言ってしまえば、この思考力が身につけばプログラミングじゃなくてもいいということでしょうね。

プログラミング的思考とは?

これに関しては、上記の画像でも書かれているので、まずはそのまま引用してみます。

プログラミング的思考とは?

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力。

この長ったらしい説明を一言でまとめて「プログラミング的思考」と呼んでいます。

一番近いのは論理的な思考能力のことでしょうか。
トライアンドエラーはどの分野でも重要だと思いますが、エラーのあとのトライにおける論理的な修正能力など、いかに筋道立てて論理を組み立てていくのかに関してプログラミング的思考が役立つと説明されています。

こうした能力は、言われるまでもなく重要なことですよね。
よく日本の子どもは「応用力」が足りないと言われます。

「詰め込み式の義務教育」と批判される最大の要因がそこに現れていると思うのですが、そうした批判を跳ね返し現状を改善するためにも今回のプログラミング教育導入には大きな期待がかかります。

プログラミング的思考の例

コンピュータを使えばプログラミング的思考が本当に身につくのか?ということも含め、以下に手引きで紹介されている例をそのまま引用しておきます。

コンピュータを動作させるための手順(例)

① コンピュータにどのような動きをさせたいのかという自らの意図を明確にする

② コンピュータにどのような動きをどのような順序でさせればよいのかを考える

③ 一つ一つの動きを対応する命令(記号)に置き換える

④ これらの命令(記号)をどのように組み合わせれば自分が考える動作を
実現できるかを考える

⑤ その命令(記号)の組合せをどのように改善すれば自分が考える動作
により近づいていくのかを試行錯誤しながら考える

これを見ると人間の脳と身体の関係みたいですよね笑

案外プログラミング学習は人間を知ることに近づくのかもしれません。

「プログラミング教育」に対して保護者がするべきこと

それでは保護者はプログラミング教育を受ける子どもたちに何をしてあげられるのでしょうか。

とりあえず文部科学省の狙い自体はとても崇高な理念だと思います。
具体性に欠けるわけでもなく、子どものことを考えていないわけでもありません。

実際にプログラミング的思考は将来絶対に役に立つものでしょうし、文系だからと言って無視していいものではないはずです。
(文章を書くという行為ですらプログラミング的思考は欠かせません)

まず、先述した例を見ての通り、プログラミング教育は詰め込み式とは違います。
意図した学習ができるまでにいくつもステップがあり、そのすべてを連続してやることによってようやく学習に至ります。

なので、一番重要なことは途中でやめないことです。

少しでもつまらないと思われたらそこで終わりです。
なので保護者は絶対に学習の押しつけがないように気をつけたいです。

そしてできることなら、プログラミングに興味を持ってもらえるように仕向けることができれば完璧です。

これがやりたい!という知的欲求を満たせれば最高ですし、そもそも自らやりたいものを見つけられるような環境が作れるならこれ以上の成功はないでしょう。

もちろん「こんなのはどう?」と提案するのもいいですが、「やりなさい」と強制するのは(プログラミング教育に限ったことではないですが)意欲を削ぐことになるので辞めた方がいいと思われます。

遊びながらプログラミング的思考が学習できるという点では、Nintendo SwitchのNintendo Laboはかなりイイ線いってるのではないかと個人的に思っています。

凡才を量産する教育から天才を生み出す教育へ

ここからは僕の個人的な考えです。

プログラミング教育って、結局散々批判されてきた詰め込み式の義務教育にプログラミング的思考を持ち込んで詰め込んだ知識の応用をできるようにしたいんじゃないの?

プログラミング教育で身につけた思考能力を各教科等に活かすことを主題にしているみたいですし、今までの教育は間違っていなかったという証明をしたい意図があるのではないかなあ、と。

詰め込み式の義務教育は基本的に似たような人間を生み出します。
国民の基礎学力を上げるという点では良い面も大きいのですが、さらに一歩踏み出すための応用力が足りないと言われてきました。

応用力と言われていますが、これをあえて言い換えるなら創造力だと思います。
むしろ平均化されて応用力が身についていないのではなく、平均化されたことで柔軟な創造力が削がれていったようにすら思います。

基礎学力だけなら必死で勉強すれば誰だってそれなりに成長はできます。
ここから飛び出して行く人たちが天才と呼ばれてきたのではないでしょうか。

そうした天才には応用力があり、創造力もあるはずです。
だとすれば、プログラミング教育がやりたいことは、凡才を量産する現在の教育から、天才を生み出す未来の教育へと転換を狙っているのではないでしょうか。

今の子どもはいいなあ、と考える人も出てきそうですが、大人は基礎学力が既にあるので、あとはプログラミング的思考を身につければいいだけです。

子どもがプログラミングを始めるのを機にやってみよう…と考えている人も多いみたいですよね。
何事も始めるのに遅すぎることはないのではないか、と僕自身も思っています。

ちなみに、子どもが飽きずにプログラミングを続けることに関しては、こんな記事も書いているのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

まとめ
プログラミング教育は「プログラミング的思考」を身につけるためのもの。子どもの応用力を育成する重要な授業になることが予想されるので、保護者は子どもの興味を削がないこと・興味を促すことを意識すると良いかもしれません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク