おすすめの中学生向け入門プログラミング教材や本のまとめ

スポンサーリンク

早ければ小学生や未就学児からプログラミングを習わせている家庭もありますが、中学生からだってまったく遅くはありません!

というわけで、今回は中学生がプログラミングを学習していくために使える教材や本を紹介していこうと思います。

中学生からプログラミングを始める意義

2020年からプログラミングが義務教育において必修化されることになっています。

なので、実のところ小学生・中学生だけでなく、大人だって今からプログラミングを学ぶことは、一般教養としても価値があります!

そうでなくても現在はパソコンとは切っても切り離せない社会です。
急速に成長してしまった世界では、今エンジニアが圧倒的に不足しています。

そのためプログラミングを勉強しておけば、まず間違いなく食いっぱぐれることはないです。

中学生から始めれば、エンジニアとして大企業に勤めることは難しくないでしょう。
それどころか人によっては自らWebサービスを作ったりアプリを作ったり、会社を興すこともできるのではないかと思います。

僕自身、プログラミングを始めたのは大学卒業してからですが、会社を辞めてフリーランスとして食べていけています。

それだけプログラミングには選択肢があるということなのです。
絶対に将来のためになりますし、あとは単純に知的遊戯としても楽しく思考能力を養うことができます。

中学生にもおすすめの教材や教室

教材や教室に関しては、以下のページで紹介しています。

中学生にもなれば、親がとやかく言う必要はないかと思います。
むしろこの記事を見に来ている人は、親よりも現役中学生の方が多いのではないでしょうか。

上記の記事で紹介しているサービスは、どれも無料で体験できます。

なので、プログラミングがどういうものかを確かめるのには持って来いだと思います。
続けられそうであれば、そのまま有料のコースに移行するといった使い方ができるでしょう。

さすがに完全無料で続けるのは難しいですが、プログラミングは習い事の中でも比較的安く続けられます。

一番安いところで1200円なので、初歩から勉強したい人は、自分のお小遣い…は取っておいて笑
親に頼んでみましょう!

中学生にもおすすめなプログラミング学習本

小学生がプログラミングの勉強をする際には、Scratchという言語を使います。

実を言うと、プログラミング言語には数々の種類があります。
プロですら聞いたこともないような言語が存在していたりします。

ただし、そうした何種類もある言語の中でも特に使われやすい言語というものがあります。
企業やシステム開発などで使われやすい言語や、収入などを考慮して、以下の記事では未経験者が学ぶべき言語を紹介しています。

ただしここで紹介している言語は、中学生だとさすがに難しい言語もあります!

特に関数型言語の特徴を持ったScalaなんかは、数学知識がないと理解しにくいでしょう。

中学1年生は先に紹介しているScratchを勉強した方がいいですね。

2年生・3年生もまずはScratchから勉強して、その後に他の言語に手を広げていきましょう。

12歳からはじめるゼロからのC言語ゲームプログラミング教室

さすがにC言語を小学生がいきなり始めるのは難しいので、これは中学生向けの書籍と言っていいでしょう。
しかし中学生でも、プログラミングまったくノータッチでいきなりC言語は難しいかも。

なのでやはり、以下の記事で紹介しているScratchを勉強してからの方が理解も進むと思います。

学校などで既にC言語を扱っている人は、復習・予習のためにも本書はおすすめです!

12歳からはじめるゼロからのPythonゲームプログラミング教室

こちらも同様のシリーズ。
C言語とPythonでどちらが難しいとかはなく、どちらも覚えなければいけないというものでもないですが、近年だとPythonの方が需要があってやれることも広いです。

ランキングでもPythonは上位に推しました。
特に最近では人工知能分野でPythonが流行しているので、中学生からPythonを使えるなんてことになったら将来は相当楽しみになります。

ちなみにPythonは僕も使えません!
使えるようになりたいんですけど、今のところ僕の仕事では必要性がないんですよね。

まとめ:中学生は大人と同じ扱いでいい

本に関してはたった2冊しか紹介しませんでした。
というのも、Scratchを学んでしまえば、まったくプログラミング知識のない大人よりも一歩先を行っていることになります。

そうなってしまえば、あとはもうどの言語をやるのか、やりたいのか…それは自分で決定できます。
自分でやりたいことを見つけ、その実現のためにプログラミング言語を学ぶべきだと思うのです。

そして中学生だったら、そうした決定を自分ですべきだと思うのです。
ここでいくら本を紹介したところで、もうこの言語いいよっていう紹介にしかならないんですよね…笑

本気で学習するとなれば、結局参考書程度では不十分になってしまいますし、大人と同様に有料サービスを使うことになるでしょう。

なので、書籍はお試しになってしまうでしょうかね。
とにかく、まずはScratchから始めるのが挫折せず楽しく進められると思いますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク