おすすめの小学生向け入門プログラミング教材や本のまとめ

スポンサーリンク

小学生からプログラミングを学習させたい!
という親の希望に応えるべく今回の記事では、小学生でも分かりやすく学習できる教材や本を紹介していこうと思います。

小学生でもプログラミングはできる?

まず、小学生でもプログラミングができるようになるの?という不安はあるかと思います。

大丈夫、できるようになります!

プログラミングは結局のところ言語です。
プログラミング言語を覚えて様々なことをするので、まずは言語さえ覚えることになるでしょう。

最近はscratchという子どもが学習するためのプログラミング言語があります。
これは、言語を勉強しているという感覚なしにプログラミングを学習できる優れもの。

基本的に今回紹介していくのは、このscratchという言語を使った教材や本になります。

小学生にもおすすめの教材や教室

教材や教室に関しては、以下のページで紹介しています。

こちらのページにも書いたのですが、現在親が習わせたい習い事の1位はプログラミング。

実際に子どもながらにアプリやゲームを作れるようになったりと高度なことも可能です。
もう大人顔負けですよね…。

上記に紹介している教材や教室は、どれも無料でお試し体験ができます。
有料でも安いものは1200円という破格の値段設定。

ぜひ参考にしてみてください。

小学生にもおすすめなプログラミング学習本

さて、ここからは先ほども紹介したscratchという言語を習得するための本になります。

本は安価で手に入る反面、本人にやる気がなければ進めることができません。
そのため親の協力が少なからず必要になってくるでしょう。

対象年齢は小学校高学年くらいからだと思ってください。

できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門

scratchの入門書としておすすめ。
タイトルの通り、子どもと学ぶなので、親の協力が必要になります。

内容は初歩の初歩、scratchの始め方から。
本書を進めていくと 迷路ゲームや懐かしの ブロックくずしなんかも作れるようになります。

正直、小学生だけでなくこれからプログラミングを始めようという初心者や、ゲームクリエイターになりたい未経験の文系の第一歩としてもおすすめです。

Amazonのレビューでも評判は良いので、本で学習するなら一冊目…いや、これ一冊でscratchに関しては十分です。

電子書籍でよければの話ですが、定価2030円する本書もKindleUnlimitedに登録することで月額980円で本書含む対象書籍が全て読み放題になります。

安価で済ませたい、これを機にKindleUnlimitedに登録したい、という方にもおすすめですね。
漫画や小説や雑誌なんかも読み放題になります。

こちらも無料お試し期間があるので、まずは無料お試しから。

子どもに読んで伝えたい!おうちではじめるプログラミングの授業

こちらはscratchの教材ではないのですが、親として知っておきたい「プログラミング教育必修化」など、子どもに関する最近のプログラミング事情が分かる書籍です。

これを読めばプログラミングができるわけでもないですが、知識や読み物として読んでおいてもいいかなという書籍。

ちなみにこいつもKindleUnlimited対象商品なので、上記の本を読むついでに読むという利用方法がおすすめです。
※対象外になりました。

正直、これ一冊だけだと中身は薄いので、単体で買うのは勿体ない気がします笑

わくわくプログラミングシリーズ

オノマトペプログラミングシリーズです。
日経BP社から出ているシリーズで、下は「5才からはじめる すくすくプログラミング」など6冊ほど書籍が出ています。

いずれもほぼscratchを用いて学習する本で、この~プログラミングシリーズを終えた後は、以下の画像のようにだんだんステップアップしていけます。

ただ、ソースにバグがあるとかスクショが不親切とか悪い評判もあり、大人が見てあげないと子どもだけでは躓きかねない部分が極一部存在するようです。

そうしたところに目を瞑れば、通信教材に負けないくらいボリュームのあるシリーズなので、継続的に学習したい人にはおすすめです。

まとめ:本だけで学習するのは難しい?

結局のところ、通信教材や教室に通ったりする方がモノになるような気がします。

というのも、自分の子ども時代を思い返してみても、まったく未知の分野を本だけでいきなりやれと言われてもやりたいなんて思えないし、身になる気もしなかったからです。

まずはこっちがおすすめ。

本を使うのは保護者が教師になれる場合、あるいは教材だけで物足りなくなってしまった場合でしょうか。
安価ではあるんですけど、通信教材最安の学研ゼミなら1200円ですからね。

上記のページでも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク