子どもがプログラミングを楽しく学習できる教室や教材まとめ

スポンサーリンク

仕事でパソコンを当たり前に使うようになった昨今、プログラミングが必須知識になる時代も近いです!

2020年からは小学校でもプログラミングが必修化されるということで、そろそろ習い事として子どもにプログラミングを提案してみようと思っている方は多いはず。

というわけで、この記事では教材や教室を紹介してみることにします!

子どもにプログラミングがおすすめの理由

まず、プログラミングが親が習わせたい習い事1位だって知ってましたか?

この記事によると、習い事1位はプログラミング。
さらに中学生男子のなりたい職業1位はITエンジニア・プログラマー、2位はゲームクリエイター、3位はYouTuberなどの動画投稿者と、パソコン関係の仕事が続いています。

単純に人気があるだけではなく、将来的にまず間違いなく職に困ることはないという安定性も親が習わせたい理由の一つでしょう。

そうじゃなくてもプログラミングは知的で面白い!
思考能力や想像力を鍛えるためにもプログラミングは持ってこいです。

本人が楽しめる上に将来も安定。
だからこそプログラミングは人気も高いわけです。

さて、多くの教材や教室があるので迷ってしまうかもしれませんが、おすすめを紹介していこうと思います。

自宅学習可能な教材

まずは自宅学習可能な教材から。
わざわざ送り迎えをする必要がないことと、安価なことがメリットでしょうか。

ただし、友達とのコミュニケーションを取ることだったり、先生から直接教えてもらえない場合もあるというデメリットがあります。

学研ゼミ「ポコタス★Do」

とにかく何か一つやってみようという人に圧倒的おすすめの教材。

どんな教材かというと、一言で言えばゲームです。
ゲームをクリアしながらプログラミングの基礎を学べる内容になっているわけです。

ゲームにはストーリーがあり、自由にゲーム製作をすることができるフリーモードも搭載。
これら全て専用機材は必要無く、PCやタブレットで受講可能です。

そして何と言っても!
1200円という超安価な価格設定。

メインのカリキュラムモードは全体で4週間程度が目安。
カリキュラムの半分程度のボリュームを無料で体験することも可能なので、一番最初に手を付ける教材としては価格的にもおすすめです。

D-SCHOOLオンライン

D-SCHOOLオンラインは何と言ってもプログラミングと英語を同時に学べるコースが魅力。

月額3980円と学研ゼミに比べると少々値は張りますが、プログラミングだけでなく英語も習わせたい!という欲張りな親ばかぶりに応えてくれるのがD-SCHOOLオンラインです。

内容は学研と同様にゲームをしながらプログラミングと英語を同時に学んでいくというもの。
最終的にはゲームを完成させるのが目標になります。

PCでの利用になるのがネックですが、毎月新しいミッションが届くのでボリュームは十分。

継続的に英語とプログラミングを学習したいのであれば、ぴったりな教材と言えるのではないでしょうか。

通いながら学べる教室

ちゃんと目で見て手で触って覚えてほしい!ということであれば、教室という選択肢もあります。

友達を作ることができたり、先生がついたりとメリットも多いですが、送り迎えが必要だったり価格が高くなってしまうというデメリットも。

さらには地方在住の場合は、場所によっては通うことすら難しくなってしまいます。

通える場所に住んでいる幸運な方には、ぜひ検討してみてほしいおすすめの教室を紹介します。

ヒューマンアカデミーロボット教室

対象年齢が未就学児から中学生までと幅広いロボット教室です。

全国1200教室以上というロボットプログラミング最大手。
地方でもよっぽど運が悪くなければ通える範囲に教室があるでしょう!

プログラミングを扱うコースはもちろん、まずはロボットを作ってみようという未就学児でも参加可能なコースも。

月2回の授業で完結していくスタイルなので、他の習い事とも併行可能です。
がっつりプログラミングを勉強したいのであれば、先に紹介した自宅学習教材と併用すれば完璧ですね。

ただし料金は決して安くないです。
他の習い事と同じくらいの料金がかかってしまうので、まずはお試しで体験授業から参加してみましょう。

まとめ

どれくらいの本気度でプログラミングを学習するかですね。

ガッツリ学習させたい
ロボット教室+学研ゼミorD-SCHOOL
費用を抑えたいorお試し
学研ゼミ
英語も重要
D-SCHOOL

ロボット教室だけという選択肢もありだと思います!
ただし、開催地は限定的ですので、公式サイトで検索してみてください。

とにかく行動しないのは勿体ない。
無料でお試しをしてから合っているものをやるのが一番いいんでしょうかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク