文系でも未経験からプログラミングを学習してIT企業に入社できるのか?

スポンサーリンク

このブログ「文系でもプログラミングを学習して人生一発逆転狙おうぜブログ」とかいう名前なのですが、いやいやまったくの未経験でプログラミングなんてできるようになるのかよ、と疑問に思っている人も多いんじゃないかと思います。

本当に未経験でもプログラミングできるようになるのか?

今回は実際に文系大学生がまったく知識のない状態からIT企業に入社したエピソードを交えてお話ししてみます。

結論から言うと文系でもプログラミングは覚えられる

結論から言うとIT企業に入社することは可能です。

「プログラミングができる」というのもピンからキリまであるわけですよ。

「めちゃくちゃハイクオリティなゲームを作る」とか「ハイスペック名人工知能を構築してみる」とか、さすがにかなりの勉強が必要な目標だってあるでしょう。
でもそれだって無理な話ではない。

理系とか文系とかって正直プログラミングを学ぶ上ではまったく関係ないと思います。

「Webサイトを作る」とか「簡単なサービスを作る」とか「カジュアルゲームを作る」くらいだったら少しの勉強で可能です。

そして実はIT企業に入社できるかどうかは、プログラミングができるかどうかで必ずしも決まるわけではないのです。

だって、未経験OKの企業だってありますからね。

実際に未経験からIT企業に入社した筆者のエピソード

ちなみに僕は未経験だけでなくまったく知識のない状態でIT企業に入社しました。

どれくらい知識がなかったのかというと、以下のようにいくら何でもなめすぎだろってレベルでした。

入社時の知識レベル
  • C言語なんて聞いたこともなかった
  • Javaは知っていたけど、プログラミング言語だとは思わなかった
  • Javaはたまにポップアップしてくるウザいやつだった
  • 「プログラミング言語」という言語でプログラミングすると思っていた
  • 「プログラミング言語」を学べばサイト作れると思ってた

僕の中のプログラミング言語万能すぎだろ…。

そんな僕が何故IT企業に入りたかったのか。
文系の大学にいたのに、いったい何を考えていたのか?

順を追ってお話していきましょう。

大学で文系の学部を選んだ理由

文系って何学部やねん!って思っている人にここで明かします。

文学部でした。
大学に入った理由は高校卒業後すぐに働きたくなかったからです。

文学部を選んだのは本が好きで大学でも本を読みたかったから。

現在Webライターという体で活動もしているので、文学部だったことが活きたね~なんて言われますが、それ勘違いですよ!

文学部で書くことは教えません。
もちろんそういう授業もありますが必修ではない。

基本的に文学部は評論です。つまり、読むのがメインです。
論文ひとつ書くのに多いときは2桁の数の参考文献が必要になります。

やっぱり書くじゃん、と思われがちですが、その文章力がどのように培われるかと言えばただ多くの本を読んできたからに他なりません。

まあ何が言いたいかというと、文学部って将来何の役にも立たないじゃんってことなんですよね。

これは入学前に想像していた通りでしたし、もともと趣味を極めるために選んだ学部だったので後悔どころか最高の4年間でした。
モラトリアムが終わり、さあ働くぞとなった時がきつくて、自分には何の技術もないことに気づきました。

僕の趣味は読書です。
でも…サラリーマンになったら時間がなくなってしまう。

毎日読書なんてできなくなる。

どうする?どうする?

よし、サラリーマンはやめよう。

IT企業に入ってやりたかったこと

僕は将来サラリーマンをやめるためにIT企業を選びました。
募集要項を見たら都合の良い言葉が並んでいます。

とあるIT企業の募集要項
  • 未経験OK
  • 研修で誰でもプログラミングできるようになります
  • プログラマー・エンジニアを育てます
  • 1年目はOJTで安心!

(ラノベで読んだことあるぞこの展開…)

要するに僕は将来的に独立したかったがためにプログラミングを学べるIT企業に勤めることにしたのでした。

採用試験はよく分からないけど教養を問うマークシートの問題。
そんなに難しくなかったです。

とんとん拍子で社長面接まで進んで世間話とかしてあっさり採用が決まりました。

その年度に採用された新卒の社員は、なんと全員文系。
社長曰わく「どうせ一から教えるなら面白いやつがいい。理系は真面目だけどつまんね」らしいです。

まるで文系が不真面目だけど面白いみたいな言い方するなこの人。

何はともあれ始まりました。

デスマーチが。

最初に学んだのはC言語

研修で最初に学ぶことになったのはC言語です。
C言語でHello,World!と表示してみましょう!という課題。

やり方を教えてもらったら一瞬で解ける問題でした。
もうめちゃくちゃ簡単www

printf(“Hello,World!”);

これで一発www
何だよプログラミング簡単じゃないか!とか勘違いしてしまいましたね。

研修は同期全員が広い部屋で一席一台持って教室で自習するみたいにして各自問題を解いていくというものでした。
たまに先生がホワイトボードの前に立って、前提になる知識を教えてくれます。

最初はあまりにも簡単なのでみんな進度はほぼ変わらず。
むしろ僕はタイピング早い分、たぶん一番早い進度でした。

しかしそれがだんだん追いつかれ、追い抜かれ…という状況に。
やっぱり経験者は強いんですよね。

事前に学習していた人はやっぱり強い

おいおいなんでお前ら事前に知識あるんだよー!

※未経験OKは経験者NGではありません。

予想外なことに採用者の半分くらいは事前にプログラミングを学習していました。

「え、なんでプログラミングやってたの?」

「就活で使えると思ってJavaの学習コースやってた」

「ジャバ?学習コース?なにそれ?」

「あーSkype使ったプログラミングの家庭教師みたいな?」

「え?それ金かかるんじゃね?」

「…うん。かかるけど」

この意識の差である!!!

今になって思うと就活にまったく金かける気なかった僕がおかしいです。
人生を左右するイベントでより良い結果を得るのにできることはするべきですよね。

彼にとってプログラミングの学習コースは自己投資だったのでしょう。
ていうかもうそんな人ばっかり。

未経験OKって書いてあったからもう僕みたいな適当なやつが多いんだと思っていました。
いや、実際に僕以上に適当なやつもいたんですよ。

すぐ辞めましたけどね。

そんなこんなであっという間に差がつきました。
僕はC言語のポインタで躓いてもう散々でした。

これが泣きそうになるくらい理解できなくて、1問解くのに1日かけても無理だったくらいです。
教育係は一人だけなので、僕にだけ教えてくれることもなく(というかそこまで親切でもなく)結局持ち帰って勉強するはめに。

未経験OKって当然ですが入ってからがきつかったわけですね。

得意になったのはVBA

C言語、Javaと研修で勉強して現場に出されました。
現場では募集要項通りOJT(先輩が横について指導しつつ仕事します)がありました。

ただ、新人なのに経歴詐称させられて勤続数年の若手として現場に出されるなんていうエピソードがあったり。

ITの中でもSI業界だったんですが、ここはブラックな業界でしたよ、ほんと。
1ヵ月~3ヵ月くらいで現場をぽんぽん移っていきます。

色んな知識を得られるのはよかったのですが、僕は現場の相性が悪く、プログラミングやりたいのに結局一番使うのはExcelでした。
Excelにシステムのテスト結果とかをスクショ撮ったりして記入していくんですよ。

これが本当にアホらしかったので、Excelに搭載されているVBAという言語の勉強を始めました。
この時点でCとかJavaとかJSとかの知識もあり、信じられないくらいスムーズにVBAの学習が捗りました。

基本的な言語を覚えてしまうと、だいたい他の言語に応用が利くんですよ。
初歩的なアルゴリズムは理解しているし書き方が若干違ったりするだけで、新しく覚えることは意外と少なかったりします。

こうしてVBAを勉強してテスト結果を自動貼り付けするツールを作りました。

この時上司にはめちゃくちゃ怒られ取引先にはめちゃくちゃ褒められました。
ツールはチーム全体に行き渡って遅延気味で燃えかけていたプロジェクトを救いました。

いつか辞めるつもりではいましたけど、「勝手なことをするな」と言う上司や、こうした頑張りが会社にまったく評価されないことに嫌気が差して、当時は「やっぱ日本のサラリーマンの待遇ってクソだわ」なんて毒づいていました。

サラリーマンにだってもちろんいいところはありますけどね。

でも一番きつかったのは、残業代稼ぐために終電までだらだら働いてる上司に比べて10倍くらい仕事してるのにやつは5倍くらい給料貰ってたことですかね。
勤続年数とかの方が評価されるシステムってさあ…。

そんなストレスを力に変えてVBA勉強してたのでめっちゃ得意になりました。
その案件のテストツールは僕が全部作っているので、ベテランですら僕に聞きに来るくらい評価されていました。

…VBAだからJava極めてるベテランでも微妙に分からない上に独学で作ってるのでコードぐちゃぐちゃだったこともあるんですけどね。

とにかく、勉強すれば若手でも評価されるくらいには成長できます。
それが給料とかに反映されるかって言ったら微妙な話ですけどね。

大事なのは学習意欲と将来のビジョン

要するに学習意欲と将来のビジョンが大事なんじゃないでしょうか。

僕は確かにプログラミングを学びたかった。
でも同時に趣味を全うしたかったんです。

だからできることなら定時で上がりたかった。
それがクソみたいなテストという名の繰り返し作業してるせいで終電帰りになったり休日出勤になったりするわけですよ。

こいつを何とかしなければ!というモチベーションがあったおかげで僕は新たなスキルを得ました。
そしてその学習は、将来にも役立つはずだという確信がありました。

将来って何だ?
そう、金を稼ぎつつ時間も確保して趣味を全うする生活だ!

すべてはその夢の生活のために。

プログラミングというスキルを身につけて独りでも金を稼げるようになるために。

まあ実際は働いている時からブログやサイト作って生計立てようなんて思ってなかったんですけどね。
その時は漠然とソシャゲの攻略でもやるか~なんて考えていました。

仕事辞めていざ始めようかと思ったら実はそんなにソシャゲ好きじゃないことに気づいてやめちゃいましたけどね…(ハマっても結構すぐ飽きる)

好きな話題を扱えるブログやサイトの方がフットワーク軽いだろうという判断になりました。

とにかく漠然としててもなるようになるので、将来のことは考えていた方がいいです。
特にプログラミングというスキルがあれば、転職でもめちゃくちゃ有利ですしね。

フリーランスとして働く選択肢もありますし、僕の同期とか結局フリーランスになった人がほとんどで、在宅でやってる人とかも多いです。

まあ、何を求めるかでしょうね。

安定をとるか自由をとるか

会社勤めは非常に安定しています。
よっぽどの問題を起こさなければ、まあクビにはならないでしょう。

そしてプログラミングができるということは、それだけでスキルなので給料もいいです。
基本的には転職を繰り返してステップアップしていく戦略になるのでしょうが、僕が転々としていた現場にはフリーランスで月100万貰ってる20代とかもいました。

まあその人は天才ですけどね。

高卒でまったくの未経験だったって人もいて、その人は当時25歳のフリーランスで月70万とかだった気がします。
この人は天才の指導を受けていた人ですけどね…。

僕の独学VBAが霞みますよ。
プログラミングに限っては有識者に教えてもらうのが、スキルを成長させる上での最短なんじゃないかと思います。

月70万の人は現場に入るために3ヵ月給料無しで働いてましたしね。
最初は40万とかだったらしいので120万の自己投資です。
額にするとすげえ。

会社勤めにしろ、フリーランスにしろ、プログラミングというスキル一つで無数の選択肢が生まれます。
安定を選ぶこともできれば、自由を選ぶこともできます。

そして文系でも未経験でも学ぶことが可能です。
いつから始めたって遅いことはないです。

もうこれはリアルロールプレイングですよ。
きついですけど、楽しいですよ。

まとめ:未経験でもIT企業に入社することは可能

結論
文系だろうが未経験だろうが、プログラミングを使って働けるようになる。
従って当然IT企業に入社することも可能。

なんか将来的には日本でも小学校でプログラミングを教えるようになるという話じゃないですか。
これからは必須の知識になるんでしょうかね。

今は人材も不足していて、中国や韓国に外注したり人を呼んだりしてますからね。

とにかくプログラミングに限ったことではないですが、何か一つスキルを身につけると世界が広がりますね。

うちのブログでは、その手段・スキルとしてプログラミングを推しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク