プログラマーはかっこいい!? 実は誰にでもなれる職業!

スポンサーリンク

プログラマーはかっこいいとか稼げるとかいう風潮が、最近のドラマを見ているとあるような気がしています!

実際ドラマで描かれるようなかっこよさがあるかどうかは分かりませんが、実はこのプログラマーはなろうと思えば誰にでもなれるものです!
今回はその誤解を解いていきましょう。

あ、ちなみに稼げるというのは概ね間違ってないと思います。

プログラマーはかっこいい?

そもそもなんでかっこいいと言われるのでしょうか。

ドラマではよくキーボードをカタカタカタカタカタカタとやってるイメージですよね笑

SFやファンタジーなどではハッカーが登場して華々しい活躍を見せます!
漫画やアニメでもよく見る光景です。

しかもやつらだいたい金持ってる!
別次元の存在だと思われても仕方ない…が、ここまで極端なプログラマーが実際にいるのかといえば微妙なところです笑

そんな天才もいるのかもしれませんが、実際のプログラマーはもっと大人しいです。

もちろん成功者は金も持っていますし、オーラが違う。
でもそれはプログラマーに限ったことではないですよね。

ただ、ネットが発達してきた今だからこそパソコンを扱うプログラマーが目立って見えるだけでしょう。

確かにこれまでもこれからもネットの時代は続いているわけで、最先端の技術を扱う人たちがかっこ悪いはずないですもんね。

実際のプログラマーがやっている具体的な仕事とは?

では、実際のプログラマーはどんなことをやって生活しているのでしょうか。
まるで珍妙な動物に関して紹介しているみたいですね笑

あるいはそうなのかもしれませんが、実際にやっていることはそれほど珍妙なものではありません。

今回は、以下の本を参考資料に紹介してみましょう。


ちなみにこちらの本は、2018年7月17日現在、KindleUnlimitedで読み放題対象になっているので、興味のある方は読んでみてください。

趣味のプログラマー

もちろんプログラミングを仕事ではなく趣味にしている人だっています!

そういう人たちの技術だってあなどれない。
たとえば自分のサイトを作ったり、アプリを作ってストアに出したり…。

仕事や学業の傍らでこうしたことをやってお小遣いを稼いでいる人もいます。
中には稼ぎすぎて本業の収入を超えることも少なくありません…(日本の企業の給料少なすぎ!)

受託開発と自社サービス開発

難しいことを書いているように見えますが、お客さんに依頼されて何かを作るのか、それとも自分の企業でサービスを立ち上げるかの違いです。

システムエンジニアと呼ばれる人たちですね。
受託開発はお客さんを相手にするので、営業のような仕事をする人も多いです。

特に中小企業では、プログラマー兼営業なんてざらにあることです。
社員一人一人が現場に派遣されて、そこで営業もついでにやってなんてことを新人にまで言いつけることだってあります。

一方で自社サービス開発は比較的ホワイト。
世間一般でプログラマーと言わている人たちは、どちらかと言えばこちらの方がイメージに近いかもしれないですね。

一から自分たちで何かを作り上げるわけですから。

大規模開発と少人数(個人)開発

大規模か小規模かというのも重要な視点。

会社で丸々プロジェクトを請け負うなんてこともよくあります。
そうした巨大なシステムは、システムを丸々一つ開発するのではなく、いくつかの機能を各社に分けて開発を依頼したりするわけですね。

そうした点で単純な受託開発とは違います。
各社の連携がとれなかったり、下請けがいくつもあったりして、ブラックと呼ばれる職場環境はこうした大規模開発の現場に生まれやすいです。

一方で小規模開発はゲームやアプリなど。
連携が上手くハマりやすく、瞬発力や柔軟性もあるので、ゲームやアプリは少人数でも成功に持っていきやすいようです。

実はプログラマーは誰にでもなれる

こうした一見すごいことをやっていそうに見えるプログラマーですが、実は誰にでもなることができます!

確かに想像もつかないようなすごいことをやっているプログラマーだっています。
しかし世の中のプログラマーの大半は大したことをやっていません

仕様書を渡されて、指定されたところをちょちょっと直すような仕事がほとんどです笑

未経験OKの企業だってありますし、最初は簡単な仕事から任されます。
もちろんまったく知識ゼロから始めるのならそれなりに努力は必要ですが、やる気があればついていくことは難しくありません。

だって大学卒業までプログラミング言語の種類すら知らなかった僕が、ツール作ったりできているわけですからね。
ちなみに僕は文系でした。

文系・理系という括りも関係ありません。
やるか、やらないかです。

もしもプログラミングを勉強して人生一発逆転狙ってやるぜ!というかつての僕みたいな方は、以下の記事も参考にしてみてください。

まとめ

プログラマーってどんな生き物?
現場や作るものによって違うけれど、大抵のことは誰でも勉強すればできるようになる。
難しいことをやっているのではなく、ただ知らないことをやっているだけ。

プログラミングを勉強して人生一発逆転狙おうぜ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク