プログラミングは楽しい! 大人でも子どもでも関係のない原始的な楽しさ

スポンサーリンク

プログラミングを始めようか迷っている人は、始める前から難しそうとか挫折しそうとか嫌な想像している人もいるのではないでしょうか?

大丈夫です、プログラミングは楽しいです!

プログラミングの楽しさは原始的

人類が洞窟に引きこもっていた太古の時代から、人々は行動と結果に楽しさを見いだしてきました。

昨今でもエンターテイメントの根源は、プレイヤーの行動によって如何なる結果がもたらされるかという単純なシステムです。

そう、プログラミングにはそれがあります!
コードを書くことによって、システムが動く。

このシンプルな結果は子どもであろうが大人であろうが関係なく楽しいわけです。

自由にモノを作れる楽しさ

ここからは個人の感想というか、実体験に基づく楽しさの紹介です。

プログラミングでなんと言っても楽しい瞬間というのは、想定していたものが出来上がった瞬間です。
もー自慢したくなります。

ツールを起動するとパソコンが処理し始めて想定通りの結果が現れる。

プログラミングさえあれば、想像を現実のものにできます。
自分のアイデアで自由にモノを作れるわけです。

もちろんそのためには相応の技術が必要になるわけですが、その道のりにもまた一つ一つクエストをこなしていくかのような達成感があります。

従業員代わりのロボットを作ったような

僕は個人事業主として活動しているわけですが、ツールはもはや従業員代わりです。

自動で動いてくれるシステムさえ作れば、僕が寝ている間にもツールは勝手に動いて働いてくれます。
これは楽しいだけではなく、単純に自分の仕事が楽になるという開放感のようなものもあります。

ゲームに例えるならプログラムが仲間だったり手下だったり家来だったり子分だったりするわけですね。

これを一つ一つ着実に作っていくことで、いつか大所帯になります。
ずらっと並べれば壮観ですよ。

それだけのスキルを身につけるための勉強だって知識欲を満たすには十分です。

プログラミングがあれば何者かになれる

色んな楽しさがあると思いますが、プログラミングを通しての一番の楽しさってこれなんじゃないかと思っています。

プログラミングがあれば何者かになれる

僕が何かすごいことを成し遂げたかというとそういうわけではありません。
ただ、僕はIT業界にいたからということもあり、周りにはプログラミングを通して独立した人が多いです。

文系とか理系とか関係なく、社会人になってプログラミングを勉強してWebサービスなどを立ち上げて収入にするパターンはよくあります。

サラリーマンとして安定した人生を生きるというのは一つの理想です。

しかし自分はそうした一社員として終わりたくないと思う人だっています。

そうは言ってもどうすればいい?
才能もないし学力もないし…という人にこそ、プログラミングを身につけてほしいです。

プログラミングを覚えさえすれば、何かを作れるし、何かを成し遂げることができるかもしれません。
何かを成し遂げた時、楽しくないわけがないと思いませんか?

簡単ではありませんが、可能性には満ちています。
でも、努力を続ければプログラミングは誰にでもできるようになります。

まったくゼロから独立するのはさすがに難しいし挫折する可能性も高いです。
なので、まずはIT企業に数年勤めて技術を習得するというのはいかがでしょうか?

それは僕が通った道でもあるので、個人的には一番おすすめです笑
何者かになりたいと思っている方は、以下のページも参考にしてみてください。

まとめ

プログラミングの楽しさ
  • 自由にモノづくりができる
  • 自分のアイデアを形にできる
  • 行動と結果による達成感がある
  • 自分の代わりに働くシステムを作れる
  • 何者かになれる

プログラミングを楽しんで人生一発逆転狙おうぜ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク