プログラミングの初心者にもおすすめな入門にぴったりの本

スポンサーリンク

プログラミングを学ぼうと決めた方や学び始めたばかりの方は、恐らくこれから全く未知の分野に足を踏み入れていこうとしているのだと思います。

プログラミングは普通に生活していたら全く縁のない分野であるのと同時に、現代では嫌でも身近に存在している分野でもあります。

今回はそんなプログラミングをより身近に感じられるような本を紹介していきます。

プログラミングの初心者や入門者が読むべき本とは?

プログラミングと一口に言ってみても多くの言語が存在しています。

有名なところではJavaC言語ですね。
他にもRubyPythonScratchSwift…などなど、僕ですら聞いたこともない言語だって存在しています。

こうした各言語を掘り下げた本だっていくつもあります。
ですが、この記事ではプログラミング言語一般に関する入門書を紹介していきます。

そうした本の目的は、たいてい以下の通りになっています。

プログラミング入門書の目的
  • 学習意欲を高める
  • プログラミング言語の共通項を学ぶ
  • プログラミングに関する基礎知識を学ぶ

このどれかに当てはまるのであれば、それは入門書と言えるでしょう。

プログラミング入門講座――基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業

まずは一冊目。
タイトル通りプログラミングの入門講座です。

この本は「知識」よりも「学習方法」にフォーカスした入門書になっています。

プログラミングってどうやって勉強すればいいの?

そもそもどうしてプログラミングを勉強した方がいいの?

こうした疑問に答えを出してくれる本になっています。
本書後半で扱う言語はScratchという言語。

このScratchは子どもでもプログラミングを学習できるように作られた初心者向けのプログラミング言語で、簡単なゲーム作りなどを通してプログラミングを学習できる言語になっています。

なので難しいことは分かんない!という人にもおすすめです。

なれる!SEシリーズ

小説やライトノベルが大丈夫な方は『なれるSE』シリーズは読んでおいていいかもしれません。

こうした物語というのは、モチベーションを高めるのに最適です。
(※本書は人によってはプログラミングやめたくなるかも)

主人公は私大文系卒なのにシステム開発会社に就職してしまうという経歴の新卒一年目。
どう見ても年下にしか見えない上司に指導されながら、SE業界というブラックな業界で生き抜くために成長していくという物語です。

かわいい上司とか現実にいるわけないんですが、それ以外はSE業界ではありがちなことが起こります!

私大文系卒でシステム開発会社も結構ありがち。

僕がまさに似たような経緯でSI業界に入りましたしね。

ちなみに麻雀好きな上司は驚くほどいっぱいいます。
現場によってはプロもいます。

…じゃなくて、プログラミングを勉強する気にさせてくれるかもしれないIT業界のお話です。

これからはじめるプログラミング基礎の基礎

この本は先に挙げた『プログラミング入門講座』よりも深いレベルに到達したい人向けかもしれません。

初心者や入門者にももちろんおすすめなのですが、特にこれからプログラミングを使う会社に就職が決まった未経験者や、プログラミングを仕事にしていきたい人に勧めたいです。

最初は言語どころかパソコン周りの周辺機器の知識から入ります。
そんなこと今時だれでも知ってるわ!と突っ込みたくなるような内容かもしれません。

それもそのはず。
本書が発売されたのは2001年なのですから。
それでも未だに読まれていますし、基礎知識という点では廃れていないです。

ただ、やはり開いてみるとぱっと見ただけでも古さは感じます。
ハードの解説から入る点に回りくどさを感じるかもしれません。

人によって合う合わないはあると思いますし、買うかどうかは図書館などで軽く確認してからの方がいいと思います。

まとめ

結局、こうした入門書は時間に余裕のある人が読むものです。

例えば入社が決まって4月からプログラミングを使った研修に入るという人。
そういう人には、時間もありますし、まずは入門書から入った方がいいでしょう。

ですが就活生にはあまりおすすめしません。
就活のためにプログラミングができるようになっておきたいのであれば、悠長にこんな本読んでいる場合ではないです。

お金がないのであれば独学でも実際に学習を始めるべきでしょうし、お金が出せるのであれば時間を買うつもりで有料サービスで学習を進めた方がいいと思います。

有料サービスを使えば入門書以上に詳しい解説してもらえますしね。
使うなら入門書読む分は無駄になってしまいますし。

そして身も蓋もないことを言えば、入門書を読まなくてもプログラミングはできるようになります。

なので、入門書は時間に余裕があるけど本当に何から始めればいいのかわからないという人が読みましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク